ジャック・オー・ランタン

ちょうちんジャックの由来・・・

dscf0343.JPG

ヨーロッパにアイルランドという小さな島国があります。
その昔その国にジャックという名前の男がいました。
ジャックはお酒が大好きでケチで乱暴者で人をだましてばかりいました。
ある夜のことでした。ジャックは酒場で酔っ払っていると、
地獄からやってきた悪魔に出会いました。
ジャックは悪魔と騙し合いの末、取引をしました。

これから10年間は魂をとらないと約束させて悪魔を追い帰しました。
そして10年の月日が経ちました。ジャックがハロウィーンの夜に道を歩いていると、
またあの悪魔と出会いました。「今度こそお前の魂をもらうぞ。」
悪魔はジャックに言いました。ジャックは今度も魂をとられたくありません。
ジャックはまた取引をしました。
上手に悪魔を騙し自分の魂を絶対にとらないことを約束させました

何年か経ち、ジャックは年をとって死んでしまいました。
天国に行こうとしたジャックは生きている時にケチで乱暴者だったために
天国には行けませんでした。仕方なく地獄の門をたたいたジャックは
そこに立っているあの悪魔と出会いました「地獄へ入れてくれ。」とジャックが頼むと、
悪魔は「お前の魂はとれない。だって、約束したからな。」
と言って地獄へ入れてくれません。ジャックは困り果てました。
ジャックは来た道をトボトボと戻りはじめました。
その道はとても暗く、風がひどく吹いていました。ジャックは悪魔に頼みました。
「わしに明かりをくれ」悪魔は地獄で燃えている火の塊をジャックにあげました。
ジャックはその火の塊をカブの中に入れて提灯を作りました。
そしてその提灯を持ってこの世とあの世をさまよう様になりました。
これが行く当てもないジャックの旅の始まりでした。
いつしか、ジャックの持つ提灯が死んだ人々の魂のシンボルとなりました。
昔のアイルランドでは、カブや他の植物で提灯を作っていたのですが、
アメリカに渡ってカブよりも提灯作りに適したかぼちゃと出会って今に至ります。
ジャック・オ・ランタンも悪霊を追い払うためのものでした。
かぼちゃに恐ろしい顔を刻み、その中にろうそくを入れて家の前に置いておくと、
悪い霊を脅して追い払ってくれると信じていたのです

少し文が長くなりましたが、ハロウィンについては皆様ご存知と思い

ちょうちんジャックについて簡単に紹介しました。

dscf0334.JPG dscf0336.JPG dscf0337.JPG

上記写真は“南関東卸売市場”による、セリの風景です。

南関東卸売市場(南関)  http://www.nankankaki.co.jp/

東京の大田市場では、生産者やセリ人が仮装などをして、楽しくセリが始まります

大田花き http://www.otakaki.co.jp/topics/2007/200718/index.html

ケルト人のお祭りですとか、日本で言うお盆のようなものですとか、諸説混沌としております。近頃では、そのお祭りの雰囲気から、仮装パーティーや、装飾などで、ご家庭をにぎやかにされていると思います。神奈川花キューピットからは、かぼちゃを使ったアレンジの紹介です!

dscf0347.JPG dscf0349.JPG dscf0351.JPG dscf0352.JPG

花材を選ぶ永塚委員長と小川指導委員      製作中の小川指導委員

    dscf0353.JPG dscf0354.JPG

                      dscf0355.JPG dscf0356.JPG

使用花材:かぼちゃ(プッチーニ)、枝・からたち、ガーベラ、葉・スプレンゲリー

            スプレーカーネーション、トウガラシ、実・ガマズミ

dscf0340.JPG dscf0341.JPG dscf0342.JPG 

中をくり抜いた代表的なジャック・オー・ランタン

dscf0345.JPG

shop

季節ごとに移り変わる花々の表情を、指導委員の作品に変えて、月に一度このブログでその花に関する色々な情報を交え紹介いたします。ワンポイントアドバイスとしてご活用下さい

[TEL] 045-224-4187
[FAX] 045-224-4186
[営業時間] 9:00~17:00
[定休日] 原則として、土曜・日曜・祭日

神奈川県横浜市中区相生町1-7-2 フローリストデュアイ3F
横浜スタジアムそば