~残暑厳しい夏に~

残暑が厳しい8月ですが、お花のアレンジメントで涼しげにしてみませんか?

① 今回使用する花材

カラジューム・紫陽花・ホワイトスター・白リンドウ・グロリオサ・ワレモコウ・ベル鉄線
dscf6864.JPG

 

② 花材をさす前に涼しげな花は水落がしやすいものが多いので、下準備として水揚げの方法を教えますね!

☆カラジュームの水揚げ方法
dscf6847.JPG

 ナイフで葉の裏側に切り込みを上から下まで入れます。

dscf6853.JPG

 口切の深水につけます。水がバッチリ揚がったらOKです。

 

☆紫陽花の水揚げ方法

dscf6855.JPG

茎をナイフまたは鋏で写真のように削ぎます。

 

dscf6858.JPG

紫陽花の茎の中の綿を取り出します

dscf6859.JPG

焼き明礬をすりこみます。

その時に焼き明礬をそれ専用で作っておき写真のように茎を入れてすりこめば手が汚れません。

 

③下準備が終わりましたら、いざ本番です。
吸水性スポンジを器にセットします。
dscf6862.JPG

 

④紫陽花を中心からやや左上に挿します。

dscf6868.JPG

 

⑤ホワイトスターを右下に挿します。

dscf6870.JPG

 

⑥白リンドウを紫陽花やホワイトスターの間などに挿します。

dscf6871.JPG

上から見た 写真↓

dscf6874.JPG

 

⑦ベル鉄線を挿します。
クレマチス系の花は、水揚げの際にハッカ油につけると効果大です。

dscf6876.JPG

 

⑧グロリオサを 後ろの方に突き出すように挿します。
dscf6878.JPG

 

⑨カラジュームをバランスよく挿します。

dscf6882.JPG

 

⑩ワレモコウを挿して完成です!!dscf6886.JPG

横から見た写真です。↓

dscf6887.JPG

 

出来上がりは、いかがですか!?

お花を変えて、独自のアレンジに挑戦してみてはいかがでしょうか!?

 

コメントを残す

shop

季節ごとに移り変わる花々の表情を、指導委員の作品に変えて、月に一度このブログでその花に関する色々な情報を交え紹介いたします。ワンポイントアドバイスとしてご活用下さい

[TEL] 045-224-4187
[FAX] 045-224-4186
[営業時間] 9:00~17:00
[定休日] 原則として、土曜・日曜・祭日

神奈川県横浜市中区相生町1-7-2 フローリストデュアイ3F
横浜スタジアムそば