もうすぐハロウィン!!

今年もハロウィンが近づいてまいりました!

◆ハロウィンの由来は・・・?
キリスト教の諸聖人の祝日(万聖節;All
Hallows)の前夜祭 (eve;10月31日)という意味から、Halloweenと呼ばれるようになったそうです。
ハロウィンの10月31日には、死者の霊がこの世に戻ってくると
信じられて、魔女が黒猫を連れて悪さをするともいわれています。これらから身を守るために仮面を被ったり、魔除けの焚き火をたいたことが由来だそうです。

昨年は、かぼちゃを使用して花束を作成しましたが、

今年は、かぼちゃを使用してアレンジメントを作成いたします。

 

①使用花材

かぼちゃ・レザーリーフファン・ヒペリカム(紅葉)
サンダーソニア・カーネーション(黄色)
ピンポンマム(グリーン)・スプレーバラ(オレンジ)
スプレーバラ(レッド)・ソリダコ
・竹串です。

dscf7000.JPG

 

② かぼちゃの下準備

 かぼちゃを使用してのアレンジメントですので、そのまま
フォームに、かぼちゃを置けば移動する時に落ちてしまいます。

落ちないようにどうするかというと・・・?
竹串を使用します。

dscf7002.JPG
かぼちゃに竹串を1本さしこみます。

 

dscf7003.JPG

竹串は2本さします。
1本のままですと重さで回ってしまいますので注意して下さい。

 

③フォームにかぼちゃをさします。

dscf7005.JPG

 下準備しましたかぼちゃを、向かって左側にさします。

 

④ レザーリーフファンを使用します。
dscf7008.JPG

レザーリーフファンを適度な大きさに切って、フォームの周りに
さしこんでいきます。

 

⑤ヒペリカム(紅葉)を使用します。

dscf7010.JPG

フォームを隠すような感じに、ヒペリカム(紅葉)を四方にさします。

 

⑥カーネーション(黄色)を使用します。

dscf7013.JPG

かぼちゃとは反対に、右側にさします。

 

⑦ピンポンマム(グリーン)を使用します。

dscf7017.JPG

ピンポンマム(グリーン)をかぼちゃとカーネーション(黄色)の
間にさします。

 

⑧スプレーバラ(オレンジ)を使用します。

dscf7018.JPG

空いている中央や外側にバランスよくさします。

 

⑨スプレーバラ(レッド)を使用します。

dscf7024.JPG

スプレーバラ(レッド)を内側中心にさします。

 

⑩ソリダコを使用します

dscf7026.JPG

適度に切ったソリダコを飛び出すように、さしていきます。

 

⑪ サンダーソニアを使用します。

dscf7030.JPG

サンダーソニアを入れて、形を整えます。

 

⑫完成です。

dscf7032.JPG

 

  上から見た図です。
dscf7035.JPG

 

完成したアレンジメントは、いかがだったでしょうか?
花束と印象が違って、アレンジメントも可愛いかと思います。

ぜひ皆様も挑戦してみては!?

コメントを残す

shop

季節ごとに移り変わる花々の表情を、指導委員の作品に変えて、月に一度このブログでその花に関する色々な情報を交え紹介いたします。ワンポイントアドバイスとしてご活用下さい

[TEL] 045-224-4187
[FAX] 045-224-4186
[営業時間] 9:00~17:00
[定休日] 原則として、土曜・日曜・祭日

神奈川県横浜市中区相生町1-7-2 フローリストデュアイ3F
横浜スタジアムそば